ETCカード申し込み後に、紛失や盗難にあったらどうする?

不景気を抜け出すのはまだ先の事なので毎日工夫しながら節約する事は大事ですね。

日々の節約生活の中に是非取り入れて頂きたいのが、現金なしでも買い物できる1枚です。

支払い時にこれを使用すると蓄積されるポイントがあります。

ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金を利用することが多い人はその分にもポイントが貯まるのでお得です。

蓄積されたポイントで様々な商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率的に加算させるには還元率が良いものを使用する様にし支払いはその1枚にするのが効果的です。

現金が足りない時持っていると便利なのがETCカード付きクレジットカードです。

クレジットカード会社は沢山ありますのでどこの会社の物を発行しようか決めずらい人もいると思います。

しかし、決めずらい時はカードの良し悪しを比較してみるのも一つの方法です。

ETCカード付きクレジットカードの比較はネットから各ETCカード付きクレジットカードを見比べたサイトなど参考にしてください。

通常、クレジットカードには不正利用に対する保障制度があり悪意に有無にかかわらず、他人が拾得したまま利用することなどで名義人が受けた損害を発行会社が負担してくれます。

紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡してすぐに電話で発行元にも連絡をします。

60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

ネット決済の場合は、番号や有効期限、名義を打ち込むだけで他のセキュリティはありませんから簡単に悪用されてしまいますので注意してください。

パソコンやスマホのネットセキュリティを強化しておき明細やメールを毎日確認して早めに気がつくことが大切です。

現金がなくてもショッピングできる1枚を持っていると万が一の時に安心です。

これは買い物の支払い時に利用できる他キャッシング機能も付帯しているのでお金が必要な場合は素早く対応できます。

これを発行する方法は数多くありますが、手っ取り早い作成方法はネットから申し込みをする事です。

インターネットからの申し込みは現在主流になっています。

インターネットを利用しない方法になると作った会社から貰う書類に必要な事柄を記入し送り返すという方法もあります。

皆さんはETC カードを作る際にどういった内容をチェックしてカードを作りましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や年会費をチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

高速道路の利用頻度が少ない方は年会費や更新費用がかからないカード、利用頻度の多い方はポイント還元率の高いカードを選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方って曖昧に覚えていませんか。

NEXCOの公式サイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードには有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車載器にカードを挿入する際はカードの向きに気をつけましょう。

正しいカードの向きで挿入してください。

料金所のETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と必ず時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由でレーン出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

車で遠方に出かけるときに便利なETCカードですが、取り扱っている会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどういった違いやメリットがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費について大まかに分類すると年間の利用額関係なく、年会費無料のタイプ、年間の利用額など条件付きで年会費無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく毎年、年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用することが多いですか?社用車でETC車載器を搭載していなかった場合など一般レーンを使う方もまだいますが高速を利用する方のほとんどがETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用時のメリットについて少し調べてみました。

最大のメリットとして、料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは休日などに料金割引が適用されることです。

特に東京湾アクアラインでは割引前と後で差額が大きく割引前料金が一般レーンで約3000円のところ、ETC割引適用で800円と半額以下になります。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

特に長期休暇で利用する方の場合は高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

他のレンタカーなどでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

この前、ネットを見ていたらこんな豆知識を見つけました。

それは、ETCカードを利用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払い処理ができるようですが基本的にはETCは無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所のスタッフに「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを申し込む必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードを使って高速道路を無線走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様のポイントが付与されます。

参照:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

付与率に関しては楽天カードのようにETC利用でも同率で付与されるカードもありますが、多くの場合ではETC利用時は付与率が減少していることが多いようです。

また、ETC利用時はポイント付与対象外になるカードもあるようなので高速道路をよく利用するなど皆さんの生活環境から選ぶようにしましょう。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言うアドバイスを聞くことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレカの審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢まで継続すると自動でゴールドカードにランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・滞納せずに返済することでカード会社が審査時に利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってからローンなどが組みやすくなります。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

個人事業主の場合、経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて一括で引き落として経費参入しておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じで法人用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

会社設立後の1つの関門とされています。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本が調べた利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

割引に関しても東京湾アクアラインを例にすると普通車のETC料金は800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で申し込み、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。